【2018年】現状、最も期待できる仮想通貨をまとめました!(7/15)

仮想通貨投資をしている方はイタリアになっていませんか。

イタリアになっていませんか?

第二次世界大戦時のイタリアは、フランスの降伏直前で漁夫の利を得るべく宣戦布告。一旦は若干の領土と結構広い占領地を得られましたが…。

結果は…

 

他国ドイツ(ユダヤ人大虐殺・超人種主義の極悪国家)にすべてを委ね、途中損切もできず、最悪な結果に終わってしまいました。

戦争に負け、国土は荒れ果て、占領したフランス領は返還し戦前のイタリア領も少し奪われてしまった。わずかなスケベ心が、大きな損失を招いてしまう結果に。

 

当時のイタリアは、土壇場にも関わらず何ら大局的な検討を行わず、第二次世界大戦の枢軸国の主要メンバーになることを決めてしまったのです。

 

イタリアになっていませんか。

第二次世界大戦のイタリアのように、慌てて参戦するような方々は、私が全力全開で止めて差し上げたいのですけれど。

皆さんはイタリアかもしれない。ですがそれでいい。ドイツのように破滅をする前に、皆さんは撤退をすることが可能なのである。

ビットコイン以外の仮想通貨を保有している方は、もう一度その合理性を検討してください。仮想通貨投資の資金はマフィアのような人間に流れるので、誰も幸せにならないんです。もう一度大切なお金で何ができるか検討してください。今ならまだ間に合います。

4 Comments

匿名

あなたのアドバイスを鵜呑みにして、もし仮想通貨が暴騰したらどうするのよ?結構危険な目に会うと思うよ

返信する
あんこ あんこ

コメントありがとうございます。

>あなたのアドバイスを鵜呑みにして、もし仮想通貨が暴騰したらどうするのよ?

よほど根拠がなければ、仮想通貨市場は危険なのでリターンよりリスクを考慮して行動するべきだと思います。

>結構危険な目に会うと思うよ

????

返信する
匿名

>途中損切もできず

ムッソリーニを処刑し、ファシストに責任を押し付け、国としてはそれなりに上手に損切りしてるけどね

返信する
あんこ あんこ

確かにドイツや日本に比べたらマシかもしれません。それでも国際連盟常任理事国としての地位やアフリカやドデカネス諸島などの植民地やら失ったものは相当大きかったですけどね(´・ω・`)

返信する

コメントを残す